痛みが引かない腰痛には注意が必要|改善法

先生

まずは検査を受けよう

女性

悪性リンパ腫はがんの一種なので、病名が判明したらすぐに治療を開始する必要があります。リンパが腫れるといった特徴があります。まずは総合病院を受診しましょう。いろいろな検査が必要です。内科や外科などで診てもらえます。

詳しくはこちら

直腸にできるがんについて

病棟

直腸がんは大腸がんの一種で、肛門に一番近い直腸と呼ばれる部分にできるがんです。発症原因は不明ですが、動物性脂肪の多い食事との関連が疑われています。治療は外科療法が基本となり、程度によっては内視鏡手術による切除も可能です。

詳しくはこちら

免疫の力でがんを攻撃する

カウンセリング

がんの免疫療法は1970年台から始まっていますが、最近特に注目されています。その理由は従来から標準治療である放射線治療、手術、化学療法を力強く支える治療だからです。免疫療法はがんに厳しく、治療を受ける方には優しい治療で標準治療の第4の柱になり得ます。

詳しくはこちら

腰の痛みを改善する治療

看護師

様々な腰の痛みの原因

腰痛と一言に言っても、様々な原因があり生活習慣などが大きく関係している場合もあるので、どの様な原因で腰が痛くなっているのかを知る事が大切です。突然腰痛に襲われるぎっくり腰になる原因として、普段の仕事や生活の中で大きな負担を腰にかけてしまっている事が原因の場合があります。ぎっくり腰は一度なってしまうと癖になる場合があり、そこから慢性的な腰痛持ちになる事もあるので、まずは腰に負担をかけない生活をする事が大切です。腰に負担のかかる姿勢として、普段から猫背であったり前傾姿勢で生活している場合、常に腰に負担をかけた状態です。その他にも、柔らかい布団で寝ていたり椅子に座る時に足を組む癖があるなど思わぬところに腰痛の原因が潜んでいるので注意が必要です。

痛みの種類に合わせて治療

腰痛にはいくつか書類があり、そのなかでも知名度が高いのが椎間板ヘルニアだと思います。これはぎっくり腰とは違って病名のある病気です。両者は腰に痛みを感じる点では同じ症状ですが、痛みのメカニズムは違うので正しい方法で治療する事が大切です。椎間板ヘルニアになると、脊髄の神経を圧迫するので痛みに加えて痺れを感じる症状がある為、歩く事や立っている事が辛くなります。ぎっくり腰の治療の様にコルセットを巻いて安静にしていれば治るわけでもないのが椎間板ヘルニアであり、保存療法や手術によって治療する事が必要です。間違った治療方法を行う事で、腰の痛みを悪化させてしまう可能性もある為、医師と相談して正しい治療法を行う事が大切です。